タイガースと2年契約を結んだ前田健太投手(35)が3日、インスタグラムを更新し、古巣ツインズの球団とファンに感謝のメッセージを送った。

「ツインズのスタッフ、選手、ファンのみなさん、心に残る4シーズン、ありがとうございました。トレードで移籍した初日から温かく迎え入れ、接してくれたことに、言葉に尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」と英語で投稿。今季、地区優勝を果たした際のチームの集合写真を添えた。

前田は2016年にドジャースでメジャーデビューし、20年のスプリングトレーニング直前にトレードで移籍。移籍1年目はコロナ禍の短縮シーズンだったが6勝1敗、防御率2・70と活躍し、サイ・ヤング賞投票で2位の票を集めた。

21年に右肘のトミー・ジョン手術を受け、リハビリから復帰した今季は21試合に登板し6勝8敗、防御率4・23。シーズン後にFAとなり、ツインズから再契約も望まれたが、11月28日(日本時間29日)に2年総額2400万ドル(約36億円)でタイガースと契約した。