日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




評論家

岡野雅行

岡野雅行(おかの・まさゆき)

1972年(昭47)7月25日、横浜市生まれ。日大中退で94年に浦和入り。神戸、浦和、TSWペガサス(香 港)、鳥取でプレーし、昨年引退。日本代表で国際Aマッチ25試合2得点。175センチ、72キロ。

前日ブラジル大敗を見て堅い試合になった


<W杯:オランダ0(2PK4)0アルゼンチン>◇準決勝◇9日◇サンパウロ

 オランダのロッベン、アルゼンチンのメッシ。似たようなチーム同士の戦いは、守備が集中して緊張感のある試合でした。前日には地元のブラジルが考えられないような大敗。両チームの選手があの結果を間近にみているだけに、思った以上に堅い試合になった印象です。アルゼンチンの守備は、ロッベンに多少はやられても最後のところは体を張っていた。要所を締めるいかにも南米らしい守備でした。

 PKでオランダは前回のように第3GKクルルに代えず、シレッセンのまま。延長でファンペルシーに代えてフンテラールを投入。フンテラールがゴールするという勝負に出た。それでもPK戦では、ファンハール監督が「正GKを信用しているぞ」と言っているように感じました。シレッセンは、その心意気に応えたかったでしょうね。

 ちなみに、僕もPK戦では、何回かキッカーを務めたことがあります。Jリーグでも初期はPK戦があったので。成功率はそんなに悪くないはずですよ。クラブと代表ではまた別の重圧がある。ましてや準決勝。蹴る勇気がある選手をたたえたいですね。W杯も早いもので、残すは3位決定戦と決勝だけ。決勝はずばり、2-0でドイツの完勝と予想します。(鳥取GM 岡野雅行)























ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP