ニューギンが「Pガラスの仮面」発表

ニューギンは新機種「Pガラスの仮面」の発表に伴い13日、都内で内覧会を開催した。

累計発行部数5000万部を突破する大ベストセラーのパチンコ化だ。作品の世界観を完全踏襲し、「演劇」×「スポ根」要素を忠実に再現した演出の数々が楽しめる。スペックは2タイプ用意されており、どちらも200回転までのST仕様となっている。「M-K1」は特賞確率1/289.98(高確率1/137.97)で確変割合は72%、「ML-K1」は特賞確率1/199.80(高確率1/124.12)で確変割合80%となる。ミドルタイプの「M-K1」は特図1・2共通で全ての大当たりにおいて10R(約1300個)が獲得可能だ。

右打ち「スターダムロード」(SR)は確変状態であるか否かが伏せられており、100回転目の継続判定によって成功すれば高確率「ゴールデンスターダムロード」(GSR)が確定するという流れがメインだ。永遠のライバルであるマヤと亜弓のダブルヒロインが大女優への道を駆け上がる。演出面では仮面ギミックをはじめとする作品の世界観を彩る珠玉のギミックを搭載。伝説の舞台「紅天女」をパチンコで再現するなどファンにはたまらない構成となっている。(娯楽産業)