ガールズ予1・1Rは地元の野口諭実可(31=大分)が、打鐘後から一気に踏み上げて逃げ切った。「誰も行く感じはなかったので、思い切って行きました」と、にっこり笑顔で振り返った。

レースは前で受けた同県の安東莉奈が、すんなり受け入れて追走。野口は外を踏んできた渡口まりあに合わせて踏み込むと、最後は安東と地元ワンツーフィニッシュとなった。「最後までしっかり踏めたし、悪くないと思います。明日も頑張ります」。軽やかな足取りで引き揚げた。