2打差3位から出たアイドル系ルックスの新人三浦桃香は22位に終わった。プロ転向後3戦目で優勝すれば、日本人では宮里藍の4戦目を抜いて史上最速だったが、77と大きくスコアを崩した。

 大観衆から注目された19歳は「今日はこれくらいだろうなと思っていました」と悔しそう。最終組で一緒に回った鈴木について「アイアンの安定性とパターがすごかった。格好良かった」と刺激を受けた様子だった。