逆転賞金女王に挑む渋野日向子(21=RSK山陽放送)が、首位と3打差3位のV圏内で折り返した。

4番パー4で第2打をシャンク。ボギーが先行したが3バーディーで巻き返し、2日連続70の通算4アンダーの140とした。日本選手最高位で、女王を争う鈴木愛(25)と申ジエ(31=韓国)は同1オーバーの17位。逆転戴冠の条件「単独2位以上」と、ツアー本格参戦1年目で初の国内メジャー2勝も視界に入った。首位はテレサ・ルー(32=台湾)。

   ◇   ◇   ◇

真っ青な空のように、渋野のもやもやが晴れた。12番パー3(140ヤード)。グリーン中央に切られたピンに対し、7番アイアン(I)のショットが左奥6メートルについた。フックラインのバーディーパットはカップにけられたが、手応えあるパーだ。

「アイアンがやっと左に飛んだ。それまで全部右ばっかりで。“これで大丈夫かな”と」。流れが変わった。13番パー5はピンまで240ヤードを3番ウッドで2オンさせて2パット、14番パー4は残り133ヤードを8番Iで左奥7メートルにつけ、放り込んだ。2連続バーディーを決め、2日連続の70につなげた。

アイアンに苦しんだ。1番パー4は、ピンを狙うのに絶好のアングルから、薄い当たりでグリーン右前にショート。4番パー4では、左ラフから残り103ヤードをピッチングウエッジで打つと、球が大きく右に飛び出した。グリーン右前に15ヤードもショートしてラフに落ちた。「シャンク。ビックリしました」。ライは悪くなく、芝は順目、球は浮いていた。それだけに「すごくスローで(右に)飛んでいって」と目を丸くした。

通算4アンダー、首位と3打差3位タイで残り2日へ。今大会のドライビングディスタンス252ヤードは出場32選手で1位。「最近飛んでるんです。昨年もQTでめっちゃ飛んでたし、この時期は飛ぶのかな」。課題のアプローチもいい。2日間36ホール中、12ホールでパーオンを逃したが、パーセーブ失敗は1度だけ。加えてアイアンショットも切れ出した。賞金女王獲得の前提になる「単独2位以上」どころか、優勝も射程に入れた。5月サロンパスカップに続き、最終戦も制すれば、史上初のツアー本格参戦1年目の国内メジャー2冠になる。

エネルギー補給も抜かりない。地鶏を食べた。前日の夕食は宮崎牛。この日は「1129(いい肉)の日」だったが、夕食は鶏の水炊きへ。宮崎の食を楽しんでいるか、問われて「もちろん!」と即答。プレッシャーを受けず、ゴルフを楽しみながら、最高のフィナーレが近づいてきた。【加藤裕一】

◆ツアー本格参戦1年目の国内メジャーV 過去に5人。平瀬真由美が89年レディーボーデンカップ(現LPGAツアー選手権リコーカップ)、宮里藍が05年日本女子オープン、鈴木愛が14年日本女子プロ、畑岡奈紗が17年日本女子オープン、渋野が今年のサロンパス・カップを制している。