レッズからフリーエージェント(FA)となったニック・センゼル選手(28)が、ナショナルズと1年200万ドル(約3億円)で契約に合意したことが分かった。匿名の情報筋が7日に明かした。

内野も外野も守れるセンゼルは2016年にレッズに加入し、19年にメジャーデビュー。だが、21年は左膝の炎症、22年は左足の骨折、今季は左足つま先の手術と右膝の痛みで長期離脱を強いられ、思うような活躍ができず。レッズから来季契約のオファーがなかったことから、今オフにFAとなった。

今季は104試合の出場で打率2割3分6厘、13本塁打、42打点を記録。三塁手として57試合(うち先発40試合)、二塁手として6試合(同1試合)、左翼手として23試合(同15試合)、中堅手として18試合(同12試合)、右翼手として18試合(同8試合)をこなした。(AP)