江川卓氏が25日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。ドジャース大谷翔平投手についてコメントした。

日本人メジャーリーガーのキャンプ情報を映像で確認。気になった選手に大谷を挙げると「この3年で良くなった」と話しはじめた。

「今まではそんなにホームランを打たなかった。3年前(21年)にホームランを打つようになったんですけど、どうしてそうなったかっていうと、これは二刀流なので、疲労を少なくしようとするとあんまり走らなかったんですよね。それを今度、走るっていうように考え方を変えたので、成績を見ると三塁打が突然8本(21年)って増えているんですよね。走るっていうことを自分で意識したら下半身が強くなってホームランが出るようになって(23年に)ホームラン王を取ったってことになるんですよね。今(キャンプで)走ってますよね。トレーニング。盗塁じゃなくて非常に下半身を鍛えるっていうことをやっているので期待できるかもしれません」。

関口宏MCから「江川さんは走んなかったよね」と突っ込まれると「イメージだけ。走ってました」と否定していた。