今年のMLBドラフトで上位指名の有力候補と評価が高いアーカンソー大学の左腕エース、ハーゲン・スミス投手が、23日に行われたオレゴン州立大学戦に先発し、6回でチームの歴代最多記録に並ぶ17三振を奪う快投を披露した。米ヤフー・スポーツが24日報じた。

初回から5回終了まで15人の打者を連続三振にとり、6回先頭打者が初めてゴロアウトを記録した。78球を投げて6回で降板。3安打1四球無失点だった。

同投手はことしのMLBドラフトのプロスペクトランキング15位。速球の球速は時速92-95マイルで、決め球はスイーパーだという。