ドジャース大谷翔平投手(29)が、移籍後初の対外試合で“ドジャース1号”を決めた。

「2番DH」でスタメン出場。5回2死二塁で迎えた第3打席、左翼へアーチを描いた。

大谷の実戦での本塁打は、エンゼルス時代の昨年8月23日(同24日)のレッズ戦で放った44号2ラン以来。その試合はダブルヘッダーの1試合目で、「2番投手兼DH」でスタメン出場したが、昨季最短の1回1/3、わずか26球で交代。試合後の検査で右肘の靱帯(じんたい)損傷が発覚し、残りのシーズンの投手断念が決定した日だった。

大谷翔平がドジャースデビュー Wソックス戦に出場/速報します

【動画】大谷翔平いきなり衝撃弾 観客総立ちの中、笑顔でホームイン