日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




評論家

秋田豊

秋田豊(あきた・ゆたか)

1970年8月6日、名古屋市生まれ。愛知高―愛知学院大を経て93年鹿島入り。4回のリーグ優勝などに貢献。98、02年W杯日本代表。名古屋、京都を経て07年に引退。10年7月に京都の監督に就任。J1通算391出場、23得点。

短過ぎた守備練 判断遅れミス 防げた失点


<W杯:日本1-4コロンビア>◇1次リーグC組◇24日◇クイアバ

 日本が攻撃サッカーを目指すのに、異論はない。しかし、相手が恐れるチームというのは、すばらしい攻撃プランを持っているチームではない。攻守のバランスが取れている中で、より攻撃に力を入れているチームではないだろうか。

 3戦を振り返り、DF出身として気になるポイントがある。守備を練習する時間が、短すぎたのではないだろうか。頭で分かっていても体が反応しなかったり、連動が90分続かなかったり、一瞬の判断が遅れるなど、わずかなミスから失点を招いた。前がかりになっていたし、3、4失点目は仕方ないとしても、2点目までが痛すぎた。

 まず1点目。相手がシュートを試みたとしても、ほとんど角度がなかった。今野は狭いシュートコースだけを消せばよかったが、無理にスライディングして足を引っかけてしまった。

 2失点目も防げた。ロドリゲスが左から中央へドリブルで入った。利き足が左で、いつシュートを打ってくるか分からない。吉田がマークし、内田はその左足を気にしすぎて、中央へ寄った。その間、左からマルティネスに入られ、シュートを打たれた。内田は必死に足を出したが、わずかに及ばなかった。

 1失点目は、今野の判断ミス。相手のスピードを気にして、慌ててしまった。2点目は吉田と内田の連係不足。日々のトレーニングで、お互いの動きを何度も確認しておけば防げた。DFライン4人の連動や、時にはボランチまで吸収して人数をかけて守るなど、練習を重ねれば、判断も速くなるし、体も反応する。

 第2戦から先発を8人入れ替えてきたコロンビアなど決勝トーナメントに勝ち進んだチームは、攻守のバランスがいい。必死さも伝わってくる。攻撃中心でいいが、より強いチームに仕上げるには、攻守のバランスが取れたチームを作り上げる必要がある。4年後は、そういうチームが出来上がることを期待したい。(日刊スポーツ評論家)























ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP