日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




評論家

秋田豊

秋田豊(あきた・ゆたか)

1970年8月6日、名古屋市生まれ。愛知高―愛知学院大を経て93年鹿島入り。4回のリーグ優勝などに貢献。98、02年W杯日本代表。名古屋、京都を経て07年に引退。10年7月に京都の監督に就任。J1通算391出場、23得点。

ロドリゲス ネイマールとの「10番対決」


<W杯:コロンビア2-0ウルグアイ>◇決勝トーナメント1回戦◇28日◇リオデジャネイロ

 並の選手なら、あの体勢でシュートを打とうと思わない。1点目は、ロドリゲスが今大会で一皮むけたことの証明でもある。2点目の感覚もすばらしい。左で味方がクロスを上げるタイミングで、彼は目の前のスペースを指さし、スルーパスを要求しながら突っ込んだ。ここまでなら、誰でもできる。しかしボールが自分の頭を越えた瞬間、動き直してフリーになり、折り返しを待って得点につなげた。

 ロドリゲスには大会前から注目していた。パス、ドリブル、左足のプレースキック、視野の広さはトップレベルだったが、少し物足りなかった。しかし、1次リーグから自信を深め、得点するメンタルも、特長として加えた。

 大会直前に、絶対的エース・ファルカオが負傷離脱した。崩壊してもおかしくないチーム危機を救った精神力もすばらしい。次は、ブラジル戦。ネイマールとの同年代対決を制すれば、超一流の仲間入りと言っていいだろう。(日刊スポーツ評論家)























ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP