日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




評論家

秋田豊

秋田豊(あきた・ゆたか)

1970年8月6日、名古屋市生まれ。愛知高―愛知学院大を経て93年鹿島入り。4回のリーグ優勝などに貢献。98、02年W杯日本代表。名古屋、京都を経て07年に引退。10年7月に京都の監督に就任。J1通算391出場、23得点。

セレソン支える攻撃的守備


<W杯:ブラジル2-1コロンビア>◇準々決勝◇4日◇フォルタレザ

 勝ち上がったブラジルは2点ともセンターバック(CB)が決めた。チアゴシウバとダビドルイスはDFに必要なスキルに得点力まで、すべてを備えていると言っていい。

 2人は相乗効果を生むコンビ。特にチアゴシウバに注目している。ポジショニングが良く、慌てて相手のマークについて守るような場面は少ない。加えて、高度な頭を使った「攻撃的な守備」を実践している。

 守りの場面でわざと自分の近くにスペースを空ける。相手はチャンスになるから当然、そこにパスを出したり走り込んで受けたりしようとする。相手が一瞬、視線を落としその作業に移ろうとした瞬間、空けておいたスペースに先回りしチャンスの芽を摘み取り、効果的なカウンターの起点となる。

 相手をそう動くように仕向け、狙いを絞って守る。日本ではJリーグで名古屋の闘莉王選手がたまにみせるワザ。頭を使ったやり方で後半15分まではコロンビアのキーマン、ロドリゲスを「消す」ことができていた。相手の動きに合わせた受け身の守備ではなく、この攻撃的な守備こそがブラジルを支えている。(日刊スポーツ評論家)























ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP