日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ここからこのサイトのナビゲーションです




評論家

永島昭浩

永島昭浩(ながしま・あきひろ)

1964年(昭39)4月9日、神戸市生まれ。御影工から83年に松下(現G大阪)入り。清水、神戸で活躍。J通算165試合65得点。日本代表Aマッチ4試合出場。フジテレビ・スーパーニュース・スポーツキャスター。

危機管理出来てない日本、コートジ


 日本協会は2050年までにW杯優勝を掲げているが、このブラジル大会の収穫のない敗退は非常に大きな損失になった。日本特有の運動量や細かいパス交換、攻めていく姿勢を100%発揮して敗退すれば、世界との差は測れた。それで負ければ次回につながる材料になった。

 しかし今回、ピッチに立つ以前の段階、コンディショニングの失敗が致命傷になった。前回にも指摘したが、涼しい合宿地イトゥから、気温30度以上の試合会場に移って翌日に試合なんて考えられない。監督の危機管理がなっていない。本田の動きが悪かったのもそうだし、香川は自分が何をしているか分からずにプレーしている時間帯があったように映った。

 1次リーグC組は、こういったマネジメントの成否が運命を分けた。ギリシャが逆転で突破したが、実力でいえば敗れたコートジボワールが確実に上。引き分けで良かったのに、最後にPKを与えるなどチームの危機管理の薄さが分かる。そういう意味でA組首位通過のブラジルがピッチ内外で死角は見あたらず、優勝の最有力に変わりはない。(日刊スポーツ評論家、フジテレビ・スーパーニュース・スポーツキャスター)























ここからフッターナビゲーションです


PAGE TOP