◆中日新聞杯 コンピ分析からの注目馬◆

ポイント2~4に合致 (9)ユーキャンスマイル

ポイント2、4から (14)ジャンカズマ、(2)カントル

以上3頭


コンピ分析【中日新聞杯】

★ポイント(1)1位を買うなら指数80以上で!

過去5年、指数1位は80以上で馬券絡みしている。

(左から年、1位の指数=成績 ※着外は4着以下)

18年 76=着外

19年 70=着外

20年 80=3着

21年 74=着外

22年 76=着外


過去10年でも…。

13年 81=2着

14年 81=2着

15年 86=2着

16年 71=着外

17年 81=2着

⇒2010年にトゥザグローリーが86で1着となって以来、1位が80台なら馬券圏、70台なら馬券圏外とわかりやすい。


★ポイント(2)指数1位が70台だったら…

08年以降、指数1位が70台のとき、52以下が馬券になっている。

(上段:年、1位の指数 下段:着順=52以下で馬券絡みした指数)

08年 79

2着=49、3着=43


16年 71

2着=52、3着=46


18年 76

2着=49


19年 70

1着=51


21年 74

1着=47、2着=42、3着=50


22年 76

3着=43

⇒指数1位が70台だったら、52以下を馬券に加えたい。


★ポイント(3)奇数年の今年、もう一度だけ狙ってみたい!

近年、ぴったんこかゾロ目の指数が馬券に絡みがち。

(左から年、着順=ぴったんこ、ゾロ目で馬券絡みした指数)

15年 3着=44

16年 1着=66

17年 1着=55

18年 3着=60

19年 2着=60

20年 1着=60、2着=50、3着=80

21年 3着=50

22年 馬券にならず

⇒昨年はぴったんこもゾロ目も絡まなかったが、13年に55が1着となっており、奇数年に限れば5回連続で馬券になっている。今年ぴったんこかゾロ目の指数が馬券にならなければきっぱり諦めます。もう一度だけ狙ってみたい!


★ポイント(4)5枠の馬を狙え!

17年に12月開催となってから、中日新聞杯は5枠に入った馬が毎年馬券になっている。

(上段:年 下段:着順=馬券になった5枠の馬番、順位と指数)

17年

2着=5枠10番 1位81


18年

1着=5枠7番 3位63


19年

2着=5枠9番 5位60


20年

3着=5枠9番 1位80


21年

3着=5枠9番 9位50


22年

3着=5枠9番 15位43

⇒今年も5枠の馬を黙って買いたい。


※「過去の重賞コンピ」で確認できる95年以降では…05年まで中京芝1800メートル。06年から2000メートルに。10、11年は小倉で開催。


※中日新聞杯のコンピ注目馬は8日公開予定です。


【コンピ分析・細井厚志】