いらっしゃい千葉・勝山 ノッてきたヤリイカ

  • 「今年はサイズがデカイ」とご満悦の浅田さん
  • 獲物の重みに生命力を感じた内山さん
  • ヤリイカ初挑戦の山口さん、おかず調達の任務完了
  • 宝生丸初乗船の坂間さん、最後に4点掛けで締めてくれました
  • 仕掛けを落とし込むときにサオを海面に突き刺すと早く沈められる
  • 船べりに取り込まれるときに水鉄砲を噴射
  • サオを手持ちにしてゆっくり取り込む山口さん

<パパかっこいい! 大人の釣り>

ヤリイカが乗り始めた。千葉・勝山「宝生丸」(高橋栄船長=72)では、2月に入ってスタートさせた。例年よりも型が大きく、長さだけならビールの大瓶に匹敵するほどだ。洲崎~野島沖で群れに当たれば、多点掛けも夢ではない。身が柔らかく、食べてもおいしい。刺し身や姿焼きのほか、サトイモや大根などと煮ても良し。お酒のおつまみ、ごはんのお供を調達しにいらっしゃい。

大船団が集結していた。野島沖に30隻あまりの釣り船がやってきた。ヤリイカの大きな群れがいるらしい。「(海底まで)水深200メートル、(ヤリイカの遊泳層は)底から10メートル」。魚探の反応を見ながら、高橋船長がマイクで細かく指示を出してくれる。

150号のオモリを海中に投げると、11センチのプラヅノが投入器から飛び出していく。海中にサオの穂先を突き刺して垂直に落とし込みながら、電動リールの道糸を左親指で押さえる。仕掛けを素早く沈めるためだ。

着底後、たるんだ糸を少し巻き、小さくソフトにサオをシャクる。スルメイカを釣るように、大きく豪快にサオをアオって乗せる必要はない。50センチ刻みに巻き上げ、ゆっくり手首を返す程度にツノを揺らして誘う。ツノが、イカにとって好物の小魚に見えるらしい。文字通り、触手を伸ばしてツノを抱えると、「グン」と手元に重みが伝わった。

船内の至る所で獲物が上がっている。「ヤリイカのアタリに生命力を感じました」。左トモ(最後方)で18匹確保の、内山ちえさん(43=千葉市)が笑顔で取り込んだ。「30年通っているけど、例年よりもサイズが大きいですよ」。右ミヨシ(前方)2番目の浅田金誉さん(61=千葉市)も笑いが止まらない。

数を伸ばすコツもある。「1匹乗ったと思ったらサオを止め、道糸をたるめたり、シャクったりせず、5秒ほど待ってください。追い乗りしますよ」(高橋船長)。たるませたりシャクったりすると、イカが違和感を感じてせっかく抱いたツノを離してしまうからだ。引き上げる際には、身切れさせないよう、たとえ時間がかかっても電動リールを低速~中速で巻くといい。獲物が乗った重みを感じつつ、サオを両手で持ってじっと待つ。ロッドキーパーに置くと、やはり違和感を感じさせてバラシの原因になる。

右トモから3人目、ヤリイカ初挑戦の山口真菜さん(34=千葉県松戸市)は終盤、3点掛けを達成した。これで10匹ゲット。「おいしいおかずが調達できました」。右ミヨシで4年通い続けている甲山晶さん(43=千葉市)も多点掛け多数。左ミヨシ2番目で宝生丸初乗船の坂間剛太さん(32=神奈川県平塚市)も、最後の流しで4点掛けを見せ、「ズン、ズンと次々に乗る重みが伝わって楽しかった」と満足そうだった。

30年以上前は物干しのように長い2・5メートルほどのサオを使い、大型の両軸受けリールで道糸を手で巻いていた体力を要する「ガテン系」の狙い物だった。電動リールの普及、釣り船のバッテリー搭載などの進歩で、誰もが楽しめるようになった。

例年よりも1カ月から1カ月半ほど遅く始まったヤリイカ釣り。「潮温が高い上、流れが速かったため、仕掛けが下ろせなかった。ここへ来て潮が緩くなり、東京湾口から南房にかけて狙えるようになった。群れが大きく、活性も高めが面白いですよ」(高橋船長)。サオ頭で50~70匹は乗せている。ツノ7本が基本だが、手慣れた人や腕に自信のある人はツノを増やしてもいい。ここでは、「イカんともしがたい」と漁師泣かせの「イカ不漁説」など、どこへやらだ。

◆船宿 勝山「宝生丸」【電話】0470・55・2777。出船は午前6時。1万円。同じ出船時間で午前マダイも。こちらは3キロオキアミ付きで1万1000円。女性はどちらも2000円割引き。このほか、各種割引もある。

※宝生丸のほか、富浦「共栄丸」【電話】090・7244・0460、金沢八景「太田屋」【電話】045・782・4657、久里浜「大正丸」【電話】046・835・0076では、3月14日から5月24日まで「Tokyo bay マダイダービー」を今年も開催する。詳細は各宿に電話でご確認を。