ルーキーの飯田風音(19=埼玉)が3着に入り、本格デビュー2場所目で初めて予選の確定板に載った。

高木真備との対戦に注目が集まった予1・7Rは、高木より先に動いた。「前(6R)のレースも見ていて『まずは出切らないと』と思った。前回の取手よりも良かった」。苦しんだデビュー戦よりも積極的に仕掛けたことで、結果が出た。

ただ、高木には完敗して「思った以上に強かった」と苦笑い。決勝で再び挑戦するために、予2・6Rも積極的に動いて上位争いを演じる。