三谷将太が1予11Rで勝利し、順調なスタートを切った。

ただ、先行した貴志修己を3着までに残せなかった。「技量不足で悔しいです。初日に勝ってもまだスタートライン(決勝)に立っていない」と厳しい自己評価だった。

2予9Rは、機動力型として評価が高い藤井侑吾の番手回り。しっかりとワンツーを決めて準決に駒を進めたい。

【奈良競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック