男子ゴルフの国内ツアーで、新型コロナウイルス感染症対策として、異例のチャーター機が登場する。日本ゴルフツアー機構(JGTO)選手会の池田勇太副会長兼事業部長(34=フリー)が27日、都内でリモート会見し発表した。

11月12日~15日、静岡・太平洋クラブ御殿場Cで開催の三井住友VISA太平洋マスターズから、同19日~22日開催、宮崎・フェニックスCCで開催のダンロップ・フェニックスへの選手、関係者の移動に全日空のチャーター機を使用する。選手、キャディーのほかに大会スタッフやメディアも一緒に移動する。池田副会長は「トーナメント間移動における新型コロナウイルス感染リスク削減と、途中PCR検査を行うことなく試合に出場できる2週間ルールが適用される」と、採用の理由を説明した。

2大会の開催へ向け、JGTOと選手会が選手の安全な移動手段を考える中でチャーター機の案が浮上。池田副会長が自身のスポンサーでもある全日空の平子裕志社長や営業部に相談し「今までにない実例をつくっていこう」と羽田-宮崎の往復チャーター機の実現に至った。運賃は1人片道2万5000円(税別)で、11月16日出発の行きが250人、23日出発の帰りが150人を見込んでいる。

チャーター便の運航は、羽田空港では本来、国際便が発着する第3ターミナルを使用する。また、復路のチャーター便使用については、選手会とJGTOが検討している新規イベントの開催予定があるという。池田副会長は「こういう1つの前例を作れれば、何かあったときにすぐに対応できるシステムになる」と、今後のスポーツイベント開催のモデルになりうるという考えを示した。【桝田朗】