ゴルフの山下美夢有(22=加賀電子)が、国内女子ツアー史上4人目となる3年連続年間女王に挑む。

同ツアーの今季初戦、ダイキン・オーキッド・レディース開幕前日の28日、会場の琉球GC(6595ヤード、パー72)で最終調整。これまで3年連続で年間女王に輝いたのは樋口久子、と阿玉、不動裕理という“レジェンド”3人とあって「やっぱり3年連続で取るのはすごい。取るためには技術もレベルアップしないと」と、気持ちを引き締めた。

オフは下地となる体力強化に努めた。「去年の後半戦は体力が落ちて、スイングにキレがなくなった」。短距離、長距離ともに「限界と思うまで」走り込んだ。一方で1月には家族、親族と2泊3日の韓国旅行を楽しみリフレッシュ。2年間、ツアーのトップを走り続けた精神的な疲労を取り除いた。

6月下旬の世界ランキングで決まる今夏のパリ五輪の日本出場枠は現状2。現在、日本勢トップは17位の畑岡奈紗で、自身は20位古江彩佳に次ぐ22位で3番手につけており「いい位置で戦えている」と逆転を視野に入れる。さらに「海外メジャーで成績を出したい」と力説。年間女王と並行し、海外も見据えた。【高田文太】

○…昨季年間4位の小祝は「ムエタイ修業効果」で、3年ぶりの開幕戦優勝を狙う。1月にタイで2週間の合宿を実施。そこで利用したジムにリングがあり「2回、ムエタイをやった」と告白。「横にバーンみたいな」とフックでミット打ちしたり、蹴りを教わった際には誤って本当に人を蹴ってしまったりと「けっこうガチ」で練習したという。今季は選手会長にあたるプレーヤーズ委員長を務める。精神的にもたくましくなり、名実共にツアーの顔として開幕戦に臨む。

【写真特集】笑顔の小祝さくら、川崎春花 ストレッチする蛭田みな美/女子ゴルフプロアマ戦1

【写真特集】アマチュア選手のプレーにガッツポーズする原英莉花/女子ゴルフプロアマ戦2