日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. MLB
  2. ニュース

MLBニュースのRSS

イチロー「心折れた」11年を振り返る

日記を書く

インタビューに答えるマリナーズのイチロー(共同)
インタビューに答えるマリナーズのイチロー(共同)

 マリナーズ・イチロー外野手(38)が苦しんだ11年を振り返った。メジャー11年目で200安打に初めて届かなかった今季を「分かりやすく難しいシーズン」と表現。「心が折れる」とも口にし、精神的なストレスが相当なものであったことをうかがわせた。プレーについては、手応えがないのに結果が出た4月の好スタートで逆にその後の軌道修正が遅れたと分析。加齢による心身の変化を認めながらも、それがプレーの衰えにつながっているとの指摘には必死に抵抗する姿勢を見せた。

 2011年、イチローが10年にわたって続けてきた200安打が途切れた。衰え知らず、「安定感」の象徴のような存在に訪れた異変。いったい、イチローに何があったのか。苦闘のシーズンをいま、静かに振り返る。

 -厳しいシーズンだった

 イチロー 厳しくないシーズンなどないですけどね。ただ、その中でも分かりやすく難しいシーズンだったことは確かです。心が折れることなんて、めったにないことですから。

 -4月は自己最多タイ、リーグ単独トップの39安打。11年間で最高の滑り出しだった

 イチロー 手応えがあったわけでもないのに、結果が出る。最も危険なスタートだったと言えるでしょう。

 イチローにとって開幕からの約1カ月間は大切だ。微妙な打撃感覚や体調、相手の配球傾向などを総合し、そのシーズンの基本的な打撃フォームをつくり上げていく。

 だが、11年はなかなか確かな形をつかめない。そこでの足踏みが中盤のかつてない不振につながっていった。

 -これまでも、オープン戦と公式戦とは全くの別物と繰り返し口にしてきた

 イチロー 毎年のことですが、4月の難しさはスプリングトレーニングから自分がやってきたことが正解かどうか、分かりにくいことです。(11年の場合は)結果が出ていることで、正解と判断しました。実際には不正解だったのですが、それに気付くことができるのは、時間がたってからです。

 -課題を見つけるのが遅れるほど、修正が難しくなる

 イチロー 4月は結果と感触のギャップがこれまでで最も大きかったと言えるでしょう。結果が出ているときに「これは不正解」という判断が必要になるわけですが、そんなことは、僕には不可能に近いです。

 -「体は元気で心が折れる」。レギュラーシーズンの最終戦後に語った言葉が印象的だった

 イチロー 肉体のストレスなんか大したことないんです。要はメンタルのストレスで疲れは決まる。毎日2本、3本とヒットが出れば、疲れるはずなどない。1時間のマッサージより、1本のヒットがストレスを解放してくれるものです。

 ゴールドグラブ賞受賞、オールスター戦出場も10年連続でストップ。周囲からは「年齢からくる衰え」というささやきが聞かれるようになった。

 衰えとは無縁。そんなイメージがイチローにはあった。10年は162試合すべてに出場し、オールスター戦にも選ばれた。36歳のシーズンで200安打に届いたのは、メジャー歴代1位の通算4256安打を誇るピート・ローズ(レッズなど)ら数人しかいない。その翌年の不振が衰えの一言で結論付けられるのだろうか。

 -年齢からくる衰えを指摘する人たちがいる

 イチロー 確かに紅白歌合戦を見ていると演歌の方が気持ち良くなってきたり、テレビに出ている人の言葉の使い方がやたら気になったり、肌が乾燥しやすくなったりもしている。自分も年を重ねてきたのかなあと実感することはあります。

 だが、イチローはそういった現象と野球のプレー内容は別物という感覚を抱いている。

 -ひとくくりに衰えと決めつけたがる人たちに笑って返す余裕がある

 イチロー 生命体が誕生した瞬間からの定め(老化)で片付けてしまうのは、つまらない人たちだなあと思います。だいたい、そういう発想の人たちって、話していて面白みも深みもない、自己管理もできない残念な人だったりするんですよ。あっ、こうやってムキになっている僕は、やっぱりちょっと年取ったってことなんだと、いま思いました。

 -この空気を変えるには

 イチロー それなら結果を出すことで(あれこれ)言われる方がよっぽどいいなと思いました。当たり前のことですが、プロと呼ばれる世界では結果を残すしかないのです。

 新たな戦いはもう始まっている。イチローは再び10年までのように特別な結果をもぎ取るのか。そのために何を考え、いかに動くのか。

 -最終戦以降の練習は

 イチロー (自宅で特注の器具を使っての)トレーニングは翌日から、走り始めたのが10日後くらいで、今は週に2回ほど。

 週2度の「走る」は、自宅近くのロードワークを指す。約10キロのコース途中には、片道2キロに及ぶ急勾配の坂がある。この難所を、スピードを落とさずにぐんぐんと駆け上っていく。

 -坂道のランニングは、これまでのオフにはなかった

 イチロー 自分がやりたくなったらやるというスタンスです。自宅でのトレーニングや坂のランニングは、腹が減ったから飯を食うという感じでしょうか。何か気持ちを奮い立たすためにやるということは、今のところありません。

 苦難のメジャー11年目を終えても、イチローの自信は揺らがない。

 [2011年12月27日9時5分 紙面から]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞