腰の張りで全体練習を外れているパドレス松井裕樹投手(28)について、シルト監督は「順調に回復しているよ。キャッチボールの強度を上げ、マウンドの傾斜が低いところからも投げ始めている。前向きに進んでいるよ」と話した。4日、地元ラジオ局KWFNが公式Xで公開したインタビュー内で明かした。

松井は昨季終了後に楽天から海外FA権を行使し、昨年12月にパドレスと5年総額2800万ドル(約42億円)で契約。2月22日のオープン戦初登板でドジャース相手に3者連続三振と好投したが、同24日の練習で腰の張りを訴えた。今月1日からキャッチボールを再開している。