阪神矢野監督が先発ローテを争う小野泰己投手にゲキを飛ばした。初回にマルテに2ランを浴びるなど2回7安打6失点。直球に勢いがなくコントロールも乱れた。

指揮官は「小野のいいのはまっすぐの強さ。そういう部分はきょうは見られへんかったから」と残念そう。「いろいろトライして取り組んでいることもある」と理解を示しつつも、内容には不満げだった。