米プロレスWWEは25日(日本時間26日)、31日(同2月1日)のPPV大会ロイヤルランブル(米フロリダ州)で、WWE女子タッグ王座戦を開催すると発表した。

WWE女子タッグ王者アスカ、シャーロット・フレアー組が、前王者となるシェイナ・ベイズラー、ナイア・ジャックス組の挑戦を受ける。

昨年12月20日のPPV大会TLC以来となる再戦カードとなる。初対決では、アスカがラナの負傷欠場でパートナー不在となる緊急事態となったが、リング復帰したフレアーが合流。急きょ組んだ挑戦者タッグコンビだったが、絶妙な連係技で王者組を追い詰め、最後はフレアーがナチュラル・セレクションでベイズラーにフォール勝ちし、王座奪取に成功していた。