深沢邦之(57)5日、都内で三宅裕司(72)率いる熱海五郎一座「スマイルフォーエバー~ちょいワル淑女と愛の魔法~」(6月2日~27日、新橋演舞場)制作発表記者会見に出席し、私生活の近況について明かした。

昨年に田中美佐子(63)と離婚を発表した深沢は「去年プライベートのことがあったので人生のtake2を始めました。これからも頑張っていきたいと思います」とやや滑り気味にあいさつ。髪形が遊びすぎだと指摘されると「注意する人がいなくなったので」と苦笑した。独り身と言うこともあり、キャスト陣からマッチングをやっているのかと問われると「マッチングアプリ登録したんですけど、意外と難しい」と告白。「ビックリするような人が笑顔で『よろしく』と言ってくる」と自身の恋活についても言及した。

今舞台ではお笑いコンビ「Take2」の相方東貴博(54)とダブルキャストを務める。「コンビは解散はしていないので、年1の会話です。お子さん誕生おめでとう!」と、1月に第2子が誕生した相方を祝福。舞台については「友達からもチケット取れる? ってすごいきかれる。チケットは急いだ方がいいです」と自信。ただ、「気がかりなことがあって。伊東四朗散さん、いつも舞台に出ない代わりにお弁当を差し入れしてくれる。今回はどうなるのかなって心配です」と吐露。伊東は間髪入れずに「するわけないだろ」と突っ込んでいた。

ほか、座長の三宅、渡辺正行(68)ラサール石井(68)小倉久寛(69)春風亭昇太(64)深沢邦之(57)、ゲストに伊東四朗(86)、松下由樹(55)が出演。東と深沢は交互出演となる。