コンテンツエリア



メインコンテンツ

日刊スポーツ映画大賞

日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞とは

戦後を代表する映画スター、石原裕次郎さんが亡くなった翌1988年(昭63)、石原プロモーション(現・株式会社石原音楽出版社)の全面協力のもと、この賞は設立されました。

作品、監督、主演男女優、助演男女優、新人、外国作品各賞の他に、石原裕次郎賞と石原裕次郎新人賞が併設され、受賞者には株式会社石原音楽出版社よりそれぞれ300万円と100万円の賞金が贈られます。贈賞盾には映画人の名誉の象徴として、黒澤明監督が映画「夢」のために描いた絵コンテのレリーフが施されています。

選考委員は政治、経済、放送、演芸など各界の映画愛好者から構成され、映画ファンの目線に近い選考を目指しています。

第1回の受賞者は渥美清、吉永小百合、真田広之、秋吉久美子、後藤久美子、緒形直人で、以降、その年の映画界の「顔」としてふさわしい人を選出してきました。コロナ禍のため、20・21年度はリモート開催となりましたが、過去32回は、裕次郎の誕生日である12月28日、都内のホテルで授賞式を開催してきました。前年受賞者がプレゼンターとして登壇するのも他にない倣わしです。

■選考委員

選考委員(敬称略、50音順)
秋山登(映画評論家) 石飛徳樹(朝日新聞記者)
伊藤さとり(映画パーソナリティー) 神田紅(講釈師)
駒井尚文(映画.com編集長) 笠井信輔(フリーアナウンサー)
品田英雄(日経BP総研上席研究員) 寺脇研(映画評論家)
福島瑞穂(参院議員) 安藤涼子(共同通信記者)
三輪祐見子(テレビ朝日ストーリー制作部長) 渡辺武信(建築家)
日刊スポーツ選考委員
相原斎(映画賞事務局) 村上久美子(西日本報道部)
大井義明(東京本社文化社会部) 村上幸将(東京本社文化社会部)



芸能

櫻坂渡邉理佐卒業コンサートで欅坂楽曲の“封印”解…
櫻坂渡邉理佐卒業コンサートで欅坂楽曲の“封印”解… [記事へ]





右カラム