日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 芸能
  2. ニュース

芸能のRSS

キャラ濃いダレノガレ明美/気になリスト

野球好きで巨人ファンのダレノガレ明美
野球好きで巨人ファンのダレノガレ明美

<連載「気になリスト」(23)>

 ローラ(22)の「妹分」とバラエティー番組で紹介されるが、キャラクターの濃さでは負けていない。モデルでタレントのダレノガレ明美(22)。父親は日本人とブラジル人のハーフ、母親はイタリア人。ローラは所属事務所の先輩にあたる。5月にデビューしたばかりだが、日本テレビ系「踊る! さんま御殿」やTBS系「サンデージャポン」など人気番組に出演。注目の存在になっている。

 プライベートのエピソードは満載だ。高校時代の彼氏には「3年間で23回浮気された」という。それでも「男の浮気はしょうがない。最後に帰ってきてくれれば。浮気できない男なんてつまらない」と達観もしている。

 まだある。「招待状が届いていないのに元彼の結婚式に行ったんです」。着物姿で会場に乗り込んだが、受付で招待状がないことを告げると丁重に断られた。それでも「元カノだから顔パスでしょ? 私がいたほうが大切な日になるでしょ」と食い下がった。結局、会場外のカフェで3時間過ごした。

 高校1年生の時には、車にひき逃げされた。額や膝から血を流しながら、20分歩いて自力で病院に行った。「自転車ごと吹き飛ばされましたが、私が悪いと思ったんです」。医師からは「なぜ通報しないんだ」と怒られた。

 体育会系でもある。中学時代はソフトボール部。髪はスポーツ刈りでポジションは捕手。159センチ、60キロ。「ドカベン体形」だった。男子生徒から「肉が揺れてるぞ」「スカートはくなよ」などとからかわれた。現在は当時より「15キロぐらいやせている」。理由は、高校3年から3年間付き合った彼が「やせてる子が好きだった。病みやせかな」。六本木-巣鴨の往復約20キロを約1カ月、歩き続けた。

 そんなぶっとびキャラだけに、ローラと比較されることには少し抵抗感もある。「性格も何もかも違います」。ハーフタレント隆盛の中、ブラジル生まれ日本育ちの“ラテンガール”はたくましく芸能界を生きていく覚悟だ。【三須一紀】

 ♥ダレノガレ明美(あけみ)1990年7月16日、ブラジル・サンパウロ生まれ。1歳時に来日。高校卒業後、アパレル業界、歯科助手などをへて12年5月、モデルに転身。面接では酒焼けで声がガラガラだった。特技は野球、ソフトボール、短距離走(50メートル6秒8)。現在はファッション誌「JJ」の専属モデル。164センチ、B83-W54-H86センチ。血液型B。13日にTBS系「イカさまタコさま」(午後8時)に出演。

(12月11日付 紙面から)

 [2012年12月11日14時28分 紙面から]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞