今週もジャンプレース(障害競走)を楽しもう-。マーケティング予想の井上力心(よしきよ)記者、海外競馬&ジャンプ大好きの木南友輔記者、今週から新登場の木村有三デスクが楽しく、そして、本気で予想します。

   ◇   ◇   ◇

木村デスク 土曜は小倉サマージャンプやね。木南はえらい気合入ってんのやろ?

木南 当たり前ですよ、ここはマジで現地へ行って取材したかった。記録がかかる石神騎手のアサクサゲンキに、化け物になる可能性があるポルトラーノと草野騎手…。他にも見どころはたくさんあります。

井上 自分は札幌に来ていますが、美浦トレセンの熱い空気が紙面の記事から伝わってきましたよ。

木村デスク 各記者の印は明日の紙面で見てもらうとして、予想の参考になる情報を教えてほしい。

木南 そうですね。アサクサゲンキはかなり早い段階で新潟ジャンプS、小倉サマージャンプをセットで石神騎手というのが決まっていました。ここはどうしても勝ちたいレース。昨年はコウキチョウサンで挑んだけど勝てなくて、「馬よりも人が駄目だった」と石神騎手は自分を責めてました。今年は小倉で自身初勝利を含めて3勝。小倉攻略法をつかんでいると思います。

力心 僕は北九州出身で小倉は地元。毎年のように見てきて、高田騎手の4連覇とか、西谷騎手、小坂騎手、白浜騎手、近年は森一騎手。やっぱり関西のジョッキーに一日の長があった印象なんですよね。

木村デスク そのジョッキーの東西の経験値の差を埋めることになったのが、昨年と今年の「冬コク」やね。

木南 草野騎手とポルトラーノのコンビは冬に小倉に滞在。ここへ向けては栗東でワンクッション置いて、輸送も工夫しています。「怖がりですし、スムーズに競馬できる外枠がいいかな」と鞍上。絶好の枠に入ったと思う。

木村デスク 小倉は先週の北九州記念を見ても、馬場はいいみたいやし、障害コースの状態もかなり走りやすい馬場らしいわ。ある程度は前にいける馬、平地の脚がある馬、やっぱり、そのへんやね。

力心 フルゲート14頭で13頭立てになりました。当初、出走を予定していたサトノパシュートが回避。

木南 石神騎手もかなり警戒している馬だった。

力心 高齢馬も目立っていますが、このレースには4歳馬が3頭。メイショウユウスイは前走で破ったマサハヤニースが先週の新潟で大差勝ち。テイエムタツマキは新潟ジャンプSで重賞初制覇を果たした黒岩騎手の手綱さばきが楽しみです。

木村デスク クライムメジャーも追い切りでいい時計が出ている。夏の終わりだけど、やっぱり暑さは厳しいからね。体調も鍵になりそう。メイショウウチデは1年以上の休養から復帰して上積みは大きいはずや。

木南 クラウンディバイダも暑さ次第。「前走の敗因は暑さだったと思ってます。小倉も暑いと思いますが、少しでもこの馬の力を出せれば」と。

力心 小倉サマージャンプは土曜小倉8R、見逃せません。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。マーケティング用語を駆使した独自の予想にチャレンジ。

◆木南友輔(きなみ・ゆうすけ)1980年(昭55)8月6日、東京都生まれ。趣味は登山と社会人野球観戦。

◆木村有三(きむら・ゆうぞう)1974年(昭49年)、大阪市出身。98年入社。ゴルフ、プロ野球、大相撲、ボクシング担当などを経て17年4月から競馬担当へ。大学までゴルフに打ち込み、メンタルのコントロールは得意なはず…。栗東トレセンで関西馬中心に取材。YouTubeで「この血が走る! 極ウマ血統ランキング」も担当している。