プロレスの月曜日

「100年に一人の逸材」棚橋弘至20年を振り返る

新日本プロレスのエース「100年に一人の逸材」棚橋弘至(42)が、10月10日にデビュー20周年を迎えた。ヤングライオン時代から、数々の故障を乗り越え復活した最近の姿まで、プロレス界のV字回復の立役者となった逸材の歩みを、日刊スポーツ秘蔵の写真とともにふりかえります。


◆棚橋の歩み◆


99年 10月10日後楽園大会の真壁伸也(刀義)戦でデビュー。

00年 9月の栃木大会で左手骨折し、長期欠場。

00年、真壁伸也の腕を固める
00年、真壁伸也の腕を固める

01年 4月19日の後楽園大会で復帰し、ヤングライオン卒業。

02年 G1初出場。11月28日、女性に刃物で刺され、12月に丸刈り姿で会見。

02年、女性に刺されてから初めて公式の場に姿を見せ、背中に2カ所ある傷を報道陣に公開
02年、女性に刺されてから初めて公式の場に姿を見せ、背中に2カ所ある傷を報道陣に公開

03年 U-30(30歳以下限定王座)を提唱し、4月に初代王者となる。6月、吉江豊とIWGPタッグ戴冠。

03年7月、新日本プロレス・大阪大会 流血させられた棚橋弘至(下)は魔界4号に首をしめられる
03年7月、新日本プロレス・大阪大会 流血させられた棚橋弘至(下)は魔界4号に首をしめられる

04年 6月、IWGPヘビー級王者ボブ・サップとのカードが直前に消滅。

04年6月、新日本プロレス・大阪大会 IWGPヘビー級王座決定戦 藤田和之対棚橋弘至 藤田和之(右)は倒れた棚橋弘至に容赦のないキックを浴びせTKOを奪った
04年6月、新日本プロレス・大阪大会 IWGPヘビー級王座決定戦 藤田和之対棚橋弘至 藤田和之(右)は倒れた棚橋弘至に容赦のないキックを浴びせTKOを奪った

05年 4月、ニュージャパン杯第1回大会優勝。

05年10月、メキシコ遠征から帰国した棚橋弘至(左)と中邑真輔
05年10月、メキシコ遠征から帰国した棚橋弘至(左)と中邑真輔

06年 7月、ジャイアント・バーナードに勝ち、IWGPヘビー級王座初戴冠。

06年7月、新日本月寒大会 IWGPヘビー級王者に輝いた棚橋弘至(前列中央)は右から長州力、永田裕志からビールをかけられ大喜び
06年7月、新日本月寒大会 IWGPヘビー級王者に輝いた棚橋弘至(前列中央)は右から長州力、永田裕志からビールをかけられ大喜び

07年 8月、G1決勝で永田裕志を破り、初優勝。

07年8月、新日本両国大会G1クライマックス最終日 勝利の瞬間マットにひざまずき喜びを表す棚橋弘至。奥は敗れた永田裕志
07年8月、新日本両国大会G1クライマックス最終日 勝利の瞬間マットにひざまずき喜びを表す棚橋弘至。奥は敗れた永田裕志

08年 4月、全日本のチャンピオンカーニバル準優勝。直後に左膝負傷で欠場し、8月復帰。

09年 1・4で師匠武藤敬司に勝利し、IWGP王座奪取。プロレス大賞MVP。

09年、師匠の武藤敬司戦
09年、師匠の武藤敬司戦

10年 09年にメキシコから帰ってきた内藤哲也との抗争勃発。

10年10月、新日本プロレス両国大会 棚橋弘至対内藤哲也 内藤哲也(下)からテキサスクローバーホールドでギブアップを奪った棚橋弘至
10年10月、新日本プロレス両国大会 棚橋弘至対内藤哲也 内藤哲也(下)からテキサスクローバーホールドでギブアップを奪った棚橋弘至

11年 1・4で小島聡を破り、IWGPヘビー級王座戴冠。そこから約1年間11度防衛し、新記録更新。

12年 2月、オカダ・カズチカに敗れ王座陥落も、6月に奪還。

12年1月、11試合連続防衛を果たした棚橋(左)は、オカダ・カズチカの挑戦を受ける
12年1月、11試合連続防衛を果たした棚橋(左)は、オカダ・カズチカの挑戦を受ける

13年 CMLLトーナメント制覇。

13年、オカダ・カズチカ(右)と
13年、オカダ・カズチカ(右)と

14年 10月、AJスタイルズを破りIWGP戴冠。

15年 8年ぶり2度目のG1制覇も、優勝旗折るアクシデント。

15年8月、新日本プロレスG1クライマックス25 棚橋弘至はG1優勝旗を折ってしまいうなだれる
15年8月、新日本プロレスG1クライマックス25 棚橋弘至はG1優勝旗を折ってしまいうなだれる

16年 1・4で王者オカダに挑戦も敗退。

17年 6月に内藤を破りIWGPインターコンチネンタル王者奪取。

18年 3年ぶり3度目のG1制覇。映画「パパはわるものチャンピオン」で主演。プロレス大賞MVP。

18年8月、新日本プロレスG1クライマックス28 棚橋弘至対飯伏幸太 セコンドの柴田勝頼(下)の肩車で優勝を喜ぶ棚橋弘至
18年8月、新日本プロレスG1クライマックス28 棚橋弘至対飯伏幸太 セコンドの柴田勝頼(下)の肩車で優勝を喜ぶ棚橋弘至

19年 1・4で王者ケニー・オメガを破り、IWGPヘビー級王座8度目戴冠。

19年1月、ケニー・オメガに勝利した棚橋
19年1月、ケニー・オメガに勝利した棚橋

おすすめ情報PR

相撲・格闘技ニュースランキング

    更新