新日本IWGPヘビー級 初代王者はアントニオ猪木

武藤敬司をスリーパーで攻める天龍源一郎。49歳10カ月は最年長戴冠(1999年5月3日)
武藤敬司をスリーパーで攻める天龍源一郎。49歳10カ月は最年長戴冠(1999年5月3日)
  • 新日本IWGPヘビー級選手権 マサ斎藤を下し王者に輝いたアントニオ猪木は祝杯をあげる(1987年6月12日)
  • 武藤敬司をスリーパーで攻める天龍源一郎。49歳10カ月は最年長戴冠(1999年5月3日)
  • 天山広吉を倒し史上最年少でIWGP王者となった中邑は雄たけびを上げる(2003年12月9日)
  • 最多防衛はオカダ・カズチカ。ベルトを巻きポーズを決める(2013年5月3日)
  • 最多戴冠は棚橋の8度。ケニー・オメガを下しベルトを巻いてエアギターを披露(2019年1月4日)

おすすめ情報PR

相撲・格闘技ニュースランキング