「あおり男」確保、知人とみられる女性も警察車両に

茨城県守谷市の常磐自動車道で10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が18日、大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で警察に身柄を確保された。

「出頭する」などといい、警察官ともみ合いになったが、身柄を確保され、水戸ナンバーの警察車両に入った。現場には、知人とみられる女性もおり、女性も別の警察車両に乗せられた。

その他の写真

  • 大阪市内で身柄を確保される前、捜査関係者ともめる宮崎文夫容疑者(撮影・佐藤勝亮)
  • 大阪市内で連行される際、必死に抵抗する宮崎文夫容疑者(中央)(撮影・佐藤勝亮)