北海道・小樽沖 秋ヒラメ本番、60cm超交じる

<フィッシング道>

秋ヒラメが本番を迎えた日本海小樽沖に11日、出掛けた。晴れ、風は弱く、波1メートル。水深45~50メートルの深場を狙うと、50~59センチの大型に60センチ超のビッグサイズが数匹交じり、強い引きを楽しむことができた。

午前8時、小樽港から凌駕(高橋満義船長、【電話】090・7058・4829)に6人が乗船し、1時間ほどの沖に向かった。ヒラメ用仕掛けにバケ600グラム。餌はオオナゴを使用した。

ポイントに到着して2時間程は多少の風があり、船が適度に流れた。そのため、アタリも順調で数釣りを期待させた。ところが、風と潮の流れが止まるとアタリもピタリとなくなり、我慢の時間が続いた。

再び食いが回復したのは、弱い風が吹いて船が動き出してから。最初は単発で釣れ始め、やがて同じ人の仕掛けに続けざまに掛かることも何度かあった。

参加者はそれぞれに工夫した仕掛けを使い、思い思いに竿(さお)を振った。幸いにカジカやフグなどに邪魔されることもなく、隣同士で糸が絡むことが少なかった。

タナは底から3メートルぐらい上を狙うと釣果が上がった。船が流されてポイントが変わると、べた底や底から5メートル上でも釣れることがあった。大きなアタリのほとんどは、勝手にヒラメが掛かる向こう合わせだった。

一方で小さなアタリを見逃すと、餌だけ食われて終わることも。それを避けるため、竿の動きを止めて食い込みを待ってから合わせるテクニックが要求された。

沖上がりは午後2時。1人当たりの釣果は45~63センチが1~11匹と多くはなかったものの、サイズについては満足いくものだった。

先月後半は良型が船中75匹上がっており、高橋船長は「条件に恵まれれば、脂が乗った秋ヒラメの数釣りが期待できる」と話していた。【リポーター・竹鼻雅己=65】