羽生「ほんとのほんとの気持ちは嫌われたくない」

男子フリーから一夜明け、笑顔で記念撮影に納まる羽生(左)と宇野(撮影・河野匠)
男子フリーから一夜明け、笑顔で記念撮影に納まる羽生(左)と宇野(撮影・河野匠)

 平昌五輪のフィギュアスケート男子66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が18日、平昌のジャパンハウスで一夜明けの会見を行った。

 会見では「スケートをやめる気はない」とあらためて現役続行を宣言。「モチベーションは、アクセルだけ」と次の夢、前人未到のクワッド・アクセル(4回転半ジャンプ)への意欲をあらためて語った。

 会見の最後は、自分のこれからについて率直な思いを語って締めた。

 「こうやって、スケート滑れて本当に幸せです。五輪マークがあって。こんなにたくさんの方々に応援してもらえて。ほんとのほんとの気持ちは、嫌われたくない、って、すごい思うし。いろんな方に見られれば見られるほど、いろんなことをしゃべればしゃべるほど嫌われるし、いろんなこと書かれるし、うそみたいな記事がたぶんこれからもっともっと出てくるんだろうなって思います。ただ、僕がしゃべったこと、僕が作ってきた歴史は、何一つ変わらない。自分の中で、今回は誇りをもって五輪の金メダリストになれた。これからの人生、五輪の金メダリストとしてまっとうしたいと思います」。

このニュースの写真

  • 男子フリーから一夜明け、笑顔で会見に臨んだ羽生(撮影・河野匠)