町田監督「隙見せた」先制もロスタイムPKでドロー

  • 東京V対町田 試合前、医療従事者らに感謝の拍手を行う東京V・FW大久保(右から2人目)ら(撮影・江口和貴)

<明治安田生命J2:東京V1-1町田>◇第2節◇27日◇味スタ

町田ゼルビアはMF平戸太貴のミドル弾で先制も、ロスタイムにPKで追いつかれ勝ち点3を逃した。今季から就任したランコ・ポポヴィッチ監督は「隙を見せてしまった。勝ち点3を逃したのは残念」と悔やんだ。

だが、相手にボールは持たれても、多くの決定機をつくらせなかったことに、指揮官は「最後まで選手たちは規律を持って戦ってくれた。そこには満足している」と手ごたえを口にした。

先制点を決めた平戸は「コースが見えたので振り抜いた。決められて良かった」と振り返り、リモートマッチに「練習試合でシミュレーションはできていたので、特に困ったことはなかった」と話した。