片山晋呉に追加厳重注意処分、会見で深々頭下げ謝罪

  • FacebookMessenger
  • TL

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で定例理事会を開催し、5月のプロアマ戦でアマチュアの招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させたとする永久シードの片山晋呉(45=イーグルポイントGC)に厳重注意処分を科すと発表した。

 JGTOは6月6日に調査委員会を発足させ、同25日に委員会懲戒・制裁委員会で報告書が提出されていた。片山は同日に都内のホテルでJGTO青木功会長(75)、選手会長となる石川遼(26)らとともに記者会見に臨み、深々と頭を下げて謝罪。青木会長は「いろいろな意見は会長である私が受け止める決意です」と説明した。

 片山は国内メジャーとなるツアー選手権森ビル杯開幕前日の5月30日のプロアマ戦でアマチュアの招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させたことで、既に30万円の制裁金を科されていた。6月15日には自らの公式ブログで謝罪の文書を発表。6月8日に当該アマ、同13日には大会特別協賛社の森ビルに直接謝罪したことを明かし、当面のトーナメント出場を自粛する意向を示していた。

このニュースの写真

  • プロアマ戦での不誠実な対応をめぐる処分を決定した日本ゴルフツアー機構定例会後の会見に臨み冒頭のあいさつで出席者とともに深々と頭を下げる片山(撮影・小沢裕)
  • 記者会見に臨んだ片山晋呉(左)
  • FacebookMessenger
  • TL