松山20位、ウッズ21位、ローズ1位/世界ランク

  • FacebookMessenger
  • TL

男子ゴルフの10日付最新世界ランクが発表され、日本勢トップの松山英樹は2ランクダウンで20位となった。

米ツアーのプレーオフ第3戦、BMW選手権で2位となったジャスティン・ローズ(英国)が4位から初の世界ランク1位に浮上した。

そのローズをBMW選手権のプレーオフで破り、6年ぶりの優勝を飾ったキーガン・ブラドリー(米国)は66位から31位に上がった。

欧州ツアーのオメガ欧州マスターズで大会連覇を達成し、ツアー通算5勝目を挙げたマシュー・フィッツパトリック(英国)は44位から38位となった。ISPSハンダ・マッチプレー選手権で日本ツアー初優勝を飾ったタンヤゴーン・クロンパ(タイ)は697位から343位にジャンプアップした。

タイガー・ウッズ(米国)は5ランクアップで21位。

小平智は2つ下げて45位。92位から84位に上がった今平周吾が日本勢3番手に浮上し、宮里優作が89位、池田勇太が98位で続いている。

◆世界ランクトップ10

1位:ジャスティン・ローズ(英国)

2位:ダスティン・ジョンソン(米国)

3位:ブルックス・ケプカ(米国)

4位:ジャスティン・トーマス(米国)

5位:フランチェスコ・モリナリ(イタリア)

6位:ロリー・マキロイ(英国)

7位:ジョン・ラーム(スペイン)

8位:ブライソン・デシャンボー(米国)

9位:リッキー・ファウラー(米国)

10位:ジョーダン・スピース(米国)

  • FacebookMessenger
  • TL