広島今村とゴルファー佐伯三貴が交際、事務所認める

プロ野球広島の今村猛投手(28)と女子プロゴルファーの佐伯三貴(35=大和ハウス工業)が交際していることが12日、明らかになった。

趣味がゴルフの今村、広島出身でカープファンの佐伯は数年前に知り合い、昨年ごろから交際をスタート。佐伯のマネジメント事務所はこの日、「お付き合いしていると聞いております。ただ、まだ先のことなどは聞いておりません」と交際を認めた。

今村は長崎・清峰3年時の09年センバツで優勝投手となり、10年ドラフト1位で広島入団。主にリリーフとして通算425試合に登板、21勝30敗、36セーブ、114ホールドで広島投手陣を支えている。

佐伯はアマチュア時代、JGAのナショナルチームで活躍し、東北福祉大3年の07年1月1日にプロ転向。同年4月のフジサンケイレディスで“女子大生プロ”としてツアー初優勝。ツアー通算7勝を挙げたが、相次ぐ負傷などから今季でツアー活動からの撤退を表明した。

佐伯の母校、東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督は「私も元々は野球人(秋田・大曲農-東北福祉大と硬式野球部。大学卒業後に東北福祉大軟式野球部の監督も務める)ですから、今村君のことは知っています。とても人柄のいい、好青年ですね。(佐伯には)今後はウチの後輩の指導もお願いするつもりですが、女性は幸せになるのが一番。どうか2人を温かく見守ってやって下さい」とコメントを寄せた。

その他の写真

  • 広島今村猛(2018年9月4日)