ラグビー

日本-南ア以外の4強は英、NZ、仏有力/沢木敬介

準決勝進出は、イングランド、ニュージーランド、そしてフランス。現時点ではそう予想する。

左からイングランドCTBオーウェン・ファレル、ニュージーランドFBボーデン・バレット、フランスSHアントワーヌ・デュポン
左からイングランドCTBオーウェン・ファレル、ニュージーランドFBボーデン・バレット、フランスSHアントワーヌ・デュポン

イングランドとオーストラリアは対照的なスタイル。イングランドは1試合あたりのキックが29回と12・8回のオーストラリアの倍以上蹴っている。興味深い試合だが、安定感からみてもイングランドに分がある。ニュージーランドの優位も動かない。アイルランドがどこまで仕掛けることができるかだが、勝つのは難しいだろう。

ウェールズとフランスもいい試合になりそう。ウェールズは1次リーグをディフェンシブな試合で勝ち上がった。フランスはその厚い壁を突き破るアタックが必要。キックの蹴り合いになればウェールズが有利だが、ここはフランスが勝ち上がるとみる。

◆沢木敬介(さわき・けいすけ)1975年(昭50)4月12日、秋田県男鹿市生まれ。秋田経法大付(現明桜)高—日大を経て98年にサントリー入り。SO、CTBとして活躍した。06年から6年間、サントリーでコーチを務め、13年にU—20日本代表監督に就任。15年W杯ではコーチとして南アフリカ戦勝利に貢献した。16年にサントリー監督に就任してトップリーグ連覇後、昨季限りで退任した。

写真ニュース 一覧

おすすめ情報PR

ツイッター

担当記者のつぶやき

ランキング

記事ランキング

    写真ランキング

      コラム一覧

      新着コラム一覧