古瀬さんへ届け-日本代表がラグビー仲間としてエール

古瀬さんへ、届け-。ラグビー日本代表が18日、宮崎市内で行っている強化合宿の午前練習後に大阪府吹田市の交番で襲撃され、意識不明の重体となっている大阪府警の古瀬鈴之佑巡査(26)へエールを送った。

戦術確認などのセッションを終えた選手、スタッフがグラウンド中央に集まり「鈴之佑(すずのすけ)頑張れ!」と声をそろえた。小学生時代、福岡の「かしいヤングラガーズ」で古瀬巡査とチームメートだったフランカーの布巻峻介(26)が「鈴之佑、今、きつい状況だと思うけれど、ラグビーをしている仲間として、日本代表のみんなは鈴之佑のことを応援しています。だから、何とか踏ん張って、頑張ってください」と代表して声を出し、全員で「頑張れ!」と続いた。

代表には福岡県中学校選抜で共にプレーしたWTB福岡堅樹(26=いずれもパナソニック)ら複数の知人が在籍。前夜のリーダー陣による話し合いで、選手たちが発案したという。

古瀬巡査は高校ラグビーの強豪・佐賀工卒業後、東海大に進学。18年に大阪府警に採用された。