コンテンツエリア



メインコンテンツ

東京オリンピック2020

チケット

 オリンピックの入場券は2019年春、パラリンピックは同年夏に販売開始予定。オリンピックの最安値は2500円、最高額は30万円と設定されている。半分以上は8000円以下という。

 購入するためには、まず公式サイトから「TOKYO 2020 ID」への登録が必要だ。既に約5万人が登録しており、URLはhttps://id.tokyo2020.jp/

 当初は同サイトからのオンライン販売のみで、受け取りは20年春以降。20年にはチケットを直接購入できる販売窓口が都内を中心に設けられる予定で、大会期間中は各会場の窓口でも購入が可能になる。

 購入の際にクレジットカードで決済する場合は大会スポンサーのVISAブランドのカードに限られる

東京五輪実施競技とチケット価格帯
開会式12,000〜300,000
閉会式12,000〜220,000
陸上〈T&F〉3,000〜130,000
水泳〈競泳〉5,800〜108,000
バスケットボール3,000〜108,000
バレーボール4,000〜81,500
体操4,000〜72,000
野球4,000〜67,500
サッカー2,500〜67,500
柔道4,000〜54,000
テニス3,000〜54,000
水泳〈AS〉4,000〜45,000
バドミントン4,000〜45,000
レスリング4,000〜45,000
ボクシング3,500〜45,000
ビーチバレー3,500〜45,000
体操〈新体操〉4,000〜36,000
卓球3,500〜36,000
水泳〈飛び込み〉3,500〜30,500
ソフトボール2,500〜25,500
ラグビー2,500〜25,500
ハンドボール3,500〜20,000
水泳〈水球〉3,000〜18,000
バスケットボール〈3人制〉3,000〜18,000
体操〈トランポリン〉5,500〜16,000
馬術3,000〜16,000
自転車〈トラック〉4,000〜14,500
空手3,500〜12,800
重量挙げ2,500〜12,800
自転車〈BMXレース〉3,000〜12,500
スポーツクライミング3,000〜12,500
スケートボード4,000〜11,500
フェンシング3,000〜11,500
カヌー〈スラローム〉3,000〜10,000
ゴルフ3,000〜10,000
自転車〈BMXフリー〉4,000〜10,000
ホッケー2,500〜10,000
カヌー〈スプリント〉3,000〜9,500
ボート3,000〜9,500
テコンドー3,000〜9,500
トライアスロン4,000〜8,000
アーチェリー3,000〜7,000
陸上〈マラソン〉2,500〜6,000
水泳〈MS〉3,500〜5,500
自転車〈ロード〉3,500〜5,500
セーリング3,000〜5,500
射撃2,500〜5,500
自転車〈MTB〉3,500〜5,000
近代5種2,500〜4,000
陸上〈競歩〉チケット販売なし
サーフィン調整中

※並びは最高価格帯の順。18年7月20日現在。変更となる可能性あり





五輪

ツッコミどころ満載 東京五輪新種目の選考方法
ツッコミどころ満載 東京五輪新種目の選考方法 [記事へ]





右カラム