宮地寧々(25=岐阜)がガ予2・6Rで逃げる太田美穂の3番手から外を伸びて2着に入った。初日のガ予1で4着だったピンチを何とかしのいだ。「最近、大垣はずっと決勝に乗れているし、相性の良さを信じて踏みました」とホッとひと息。初日のレース後、不破将登にアドバイスをもらって「ハンドルとステムを変えたのも良かった」と練習仲間に感謝。石井寛子、太田美穂ら強敵相手に地元Vを狙う。