どーもです。連日紹介してきたキャロウェイの数量限定販売モデル「APEX PRO」シリーズですが、今日紹介する「APEX MB」アイアンが最後となります。もう先に書いちゃいますが、ボク的には昨日紹介した「APEX CB」アイアンのほうがよりシビアな印象でしたが、そう感じたのはボクだけでしょうか? “マッスルバック”ということで勝手にハードルが上がっていた可能性もありますが、それにしても「APEX MB」アイアンのほうが、結果的には打ちやすさがあって、「ボクレベルでも使えそう?」と勘違いさせてくれるモデルでした。というわけで、早速いってみましょう。


まずは見た目から。


構造的には1ピースの軟鉄鍛造。マッスルバックなので、この見た目はある意味覚悟の上ですよねw

フェースはコンパクト。気持ち「APEX CB」アイアンよりもトウ・ヒール方向に長めな印象もありましたが、気のせいかな?

ソール幅はフェースの大きさに対して適当。全体的に丸みがある感じですが、これも抜けの良さを意識してでしょうね。

ネックはストレート。ボディ形状は独特で唯一無二かも?

構えてみるとこんな感じ。写真で見ると「APEX CB」アイアンよりもトップブレードが薄くブレード系の印象ですが、試打時には「APEX CB」アイアンの印象が強すぎて、ここまでとは感じていませんでした。

今回試打したのはスチールシャフト「ダイナミックゴールドMID115」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量433g、バランスD3。シャフトスペックは、重量116g、トルク未発表、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピーボール使用。


持ってみた感覚ですが、重量的にはちょうどいい感じ。グリップの太さも、ボクにはちょうどいい感じの太さ。でも、ボクは太め好きなので、普通の人だとやや太めに感じるかもしれません。ワッグルしてみると「APEX CB」アイアンとほぼ同じで、ヘッドの振れ幅は少なめ。素振りの感覚でもシャープに振れそうな感じでした。


実際に打ってみると、マッスルバックなのにボールが上がります! 同ロフトの「APEX CB」アイアンと比べても、見た目ではより上がっている感じでした。ちなみにデータ的には3球平均20.4度で「APEX CB」アイアンよりも約1度高い打ち出し角でした。振りやすさもあるけど、そこはやっぱりマッスルバック。さすがに打点のブレやスイングのミスの寛容性は、シビアと感じた「APEX CB」アイアンよりも結果的にシビアでした。なぜ、“結果的に”かというと、実際の試打時には好印象しかなかったのです。でも、スカイトラックの弾道データを確認すると、弾道のブレ幅がより大きくなっていました。これは画面で見てもらえば一目瞭然です。でもですよ、飛距離的には「APEX MB」アイアンの方が飛んでいるんですよ! 「APEX CX」アイアンは平均162.3yでしたが、「APEX MB」アイアンは167.1y。なんと、約5y飛んでいるんですよね。 これはこれで、ボクにとっては不思議な現象でした。


スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら


【3球平均】

HS38.5m/s、初速49.0m/s、打ち出し角20.4度、バックスピン量5497.8rpm、サイドスピン-1009.7rpm、飛距離167.1y

【ベスト】

HS39.0m/s、初速49.6m/s、打ち出し角21.4度、バックスピン量5579.7rpm、サイドスピン-1131.1rpm、飛距離168.3y


打感はマイルド系。「APEX CB」アイアンよりも確実に柔らかく感じました。個人的には、「APEX MB」アイアンの方が好印象!! 音はパシャというシャッター音でした。


弾道はこんな感じで


そのスカイトラックデータはこちら


弾道的には高弾道。個人的には「APEX CB」アイアンよりも上がりやすい印象だったりしますが、まあ、ダウンブローに打ち込める技術は求められそうですね。スピン量はほぼ同じでした。


出球傾向は、ボクのスイングでやや強めのドロー系ですが、これはスイング次第ですね。「APEX CB」アイアンのほうが弾道はそろっていましたが、印象的には「APEX MB」アイアンのほうが…w


シャフトフィーリングと振り感ですが、ぶっちゃけ「APEX CB」アイアンと大同小異ですが、なぜか「APEX MB」アイアンの方が振れていたりして!?


今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s以上にオススメ。この「APEX MB」アイアンもダウンブローに打てる技術が求められるモデルだと思います。結果を見る限りはこの「APEX MB」アイアンの方がいろんな意味でよりシビアですが、実際に打った印象としては「APEX CB」アイアンのほうが難しい印象だったんですよね。これはあくまでもボクの感覚ですが、今回の3モデルは扱いやすさの順で「APEX PRO」>「APEX MB」>「APEX CB」なんです。みなさんはいかがでしたでしょうか?

<キャロウェイ「APEX MB」アイアン>

■KAZ'sインプレッション(10点満点)

▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:7

■ヘッド:軟鉄+タングステンウエート

■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドMID115」(S200=116g/未発表/中調子)

■価格:6本(#5~PW)セット17万8200円、単品(#4)2万9700円 ※税込み