女子プロゴルファーの木戸愛(34=フリー)が26日までにインスタグラムを更新。昨年12月11日に73歳で死去した元プロレスラーの父修氏との2ショットを掲載し、その死を報告するとともに追悼した。

「とても優しく、強く、かっこいい、大好きな父でした。本当に逢いたいです。毎日、一生想い続けて生きていきます。父に逢いに行く日まで、ゴルフも人生も最後の最後まで一生懸命頑張ります。父の教えを守り、強く生きます。父の娘であることを誇りに想います」などと父への尽きない思いをつづった。

父修氏は現役を退いた後は娘の指導に力を注ぎ、ジュニア時代は車の送迎役も務めた。プロ合格後もツアーに同行して18ホールを歩き応援した。父娘のツーショット写真の中には2012年7月のサマンサタバサレディースでツアー初優勝して喜び合ったものもあった。

フォロワーからは「キドクラッチは永遠に」「いぶし銀の木戸さんのプロレスが大好きでした!」「素敵なお父様でしたね 頑張れ、木戸ちゃん!!」などのコメントが寄せられた。