日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. スコア速報
  5. 日本代表
  6. 日程&結果
  7. 組み合わせ
  8. 出場チーム
  9. 動画
  10. ガイド
  11. 過去の大会

広島今村 猛アピール成功!浩二監督絶賛

WBC日本代表の山本監督らの熱視線を浴びながらブルペンで投げ込む今村
WBC日本代表の山本監督らの熱視線を浴びながらブルペンで投げ込む今村

 熱投で猛アピール大成功! WBC日本代表候補の広島今村猛投手(21)が13日、山本浩二代表監督(66)から大絶賛を受けた。指揮官の前で直球30球を投げ、「1番ストレートがキレている」と言わしめた。午後から、再びブルペンで80球の投げ込み。前日に38度の熱があったことが信じ難いハッスルぶりだった。今日14日の紅白戦で仕上げ、代表合宿という名のサバイバル戦に飛び込んでいく。

 前夜の発熱は嘘だったのか。今村は病明けとは思えないボールを投げ続けた。山本監督をはじめ、WBC日本代表首脳陣の視線が注がれる中で直球を30球。乾いた音がブルペンに響き渡った。代表最年少右腕の威勢の良い投球を、指揮官は頼もしげに見守った。今村は前日38度の発熱があったが、山本監督は「かえって良かったんじゃないかな」と笑っていた。

 山本監督 今まで見てきた中で1番ストレートがキレていた。(役割は)セットアッパー的なところになるのかな。

 出てくる言葉は、賛辞ばかりだった。代表合宿直前の視察ということもあり、仕上がった状態でのブルペン投球。中日浅尾が右肩に不安を抱える中で、隠し球の出現は大きなプラス材料だ。今村自身、33人から28人に絞られる代表合宿を目前にして、気持ちが高まってきている。

 今村 (ポジションは)関係ない。先発の人も、中継ぎをやることがあるわけだし。勝つためにやるだけです。

 高ぶる思いを胸に、今村は午後からジャージー姿で再びブルペンに向かった。「調子が良かったので」と感覚を染みこませるための、おかわりピッチング。午前中とは違って変化球を中心に80球を投げ込んだ。特に意識したのが、右打者の内角へのスライダー。初の国際大会に向け、シュートをより効果的に使うため、引き出しを増やそうとしている。計110球の投げ込みに、若侍も手応えを得た。

 今村 左打者の外角には投げられるから大丈夫だと思います。(配球も)倍になるので。

 今日14日の紅白戦。2度目の実戦登板で、1イニングを投げる予定だ。新たな武器も試し、本番モードで合宿前最後の総仕上げを行う。「結果を残すだけ」。ヤング侍が、斬りつける準備は整っている。【鎌田真一郎】

 [2013年2月14日10時56分 紙面から]

PR情報






日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞