日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. ニュース
  2. 写真ニュース
  3. スコア速報
  4. 日程&結果
  5. 得点ランキング
  6. 組み合わせ
  7. 代表校一覧
  8. 歴代優勝校
  9. 会場

「人生で一番悔しい試合」/高校サッカー

日記を書く

<高校サッカー:市船橋2-1四日市中央工>◇9日◇決勝◇国立

 「人生で一番悔しい試合でした」。四日市中央工(三重)の攻撃を支えてきた田村翔太(2年)は、市船橋(千葉)との決勝戦をこう振り返りました。2回戦の徳島市立戦でハットトリックを決めるなど、2トップを組むチームメイトの浅野拓磨(2年)と得点王争いをしてきましたが、決勝で1ゴールを決めた浅野に軍配。「点を取れなかったのは自分の力不足」と、悔しい結果に試合後は涙をこらえることができませんでした。「タクだったら、ゴールを決めてくれるんじゃないかという気持ちが、僕にもあったし、みんなにもあったと思います。今度は、逆に僕がみんなにそう思ってもらえるような選手にならないと」。初めての選手権の舞台、6ゴールをあげることができましたが、「課題も見つかった」と次につながる大きな経験ができました。

 2年生の田村には、もう一度この舞台に帰ってくるチャンスがありますが、3年生はこれで引退。「これまで仲良くしてくれた3年生の先輩を勝って引退させてかった」。この2年間、自分たちを支えてくれて、いつも優しく接してくれた大好きな先輩たち。「3年生の中には、試合に出ることなく終わった選手もいた。悔しかったはずなのに、その選手たちもありがとうと声をかけてくれました。僕もそういう先輩になりたい」。

 表彰台で優勝トロフィーを掲げ、大喜びする市船橋イレブンを見つめて、「来年は今日の市船橋の気持ちで終わりたい」。1年後の高校生最後の選手権に向けて、目標は1つしかありません。

(サッカーai編集部 twitter@soccer_ai_mag)

 [2012年1月10日8時37分]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞