日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. スコア速報
  5. 日程
  6. 最新メンバー
  7. 代表戦績

沢、佐々木監督がアジア勢初の最優秀賞

日記を書く

表彰式に出席した左から沢、佐々木監督、ダニエル・アウベス、メッシ(AP)
表彰式に出席した左から沢、佐々木監督、ダニエル・アウベス、メッシ(AP)

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、スイスのチューリヒで2011年の世界年間表彰式を行い、昨年の女子W杯ドイツ大会で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」主将のMF沢穂希(33=INAC神戸)が女子最優秀選手に選出された。チームを率いる佐々木則夫監督(53)も女子の最優秀監督に選ばれ、ともにアジア勢初の快挙となった。

 女子W杯で最優秀選手と得点王に輝いた沢は「この賞を糧に日々精進していきたい」と、佐々木監督は「この賞はなでしこジャパンの総合力、一丸となった評価」と喜びのスピーチをした。2人が世界のサッカー界で最も栄誉ある賞を手にし、金メダルを狙うロンドン五輪にも弾みがついた。

 男子の最優秀選手はアルゼンチン代表FWメッシ(24=バルセロナ)が3年連続で受賞した。

 選手、監督両部門ともFIFA加盟協会の代表チームの監督と主将や、選ばれた記者による投票で選出された。沢は28・51%の票を集め、5年連続最優秀選手だったマルタ(ブラジル)らを抑えた。佐々木監督は45・57%の支持を受けた。

 日本サッカー協会はフェアプレー賞を受賞した。東日本大震災の復興支援や、昨年12月にクラブW杯を開催したことなどが評価された。

 [2012年1月10日8時27分]








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞