日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. ニュース

全国都道府県対抗女子駅伝の詳細はこちら

1区の岡山・中村友梨香(左から5人目)が競技場を出る(撮影・加藤仁)
1区の岡山・中村友梨香(左から5人目)が競技場を出る(撮影・加藤仁)

<全国都道府県対抗女子駅伝>◇11日◇京都・西京極陸上競技場発着(9区間42・195キロ)

 京都が2時間15分39秒で大会史上2度目の5連覇を果たした。京都の優勝は13回目。昨年のメンバーが7人残り、層の厚さを見せ付けた。

 シドニー五輪女子マラソン7位の山口衛里監督(天満屋コーチ)が初めて指揮を執った岡山は県ベストタイの2位。3年連続の表彰台と安定した走りを見せた。兵庫が3位。長野は8位に入り、初の入賞となった。

 総合順位とタイム、各区通過時点の順位は以下の通り。

~総合順位~

(1)京都 2:15:39

(2)岡山 2:17:03

(3)兵庫 2:17:42

(4)熊本 2:19:09

(5)福岡 2:19:18

(6)埼玉 2:19:22

(7)宮崎 2:19:23

(8)長野 2:19:28

(9)長崎

(10)愛知

(11)神奈川

(12)千葉

(13)山口

(14)山形

(15)広島

(16)静岡

(17)愛媛

(18)新潟

(19)岐阜

(20)福井

(21)栃木

(22)群馬

(23)鳥取

(24)東京

(25)宮城

(26)佐賀

(27)滋賀

(28)山梨

(29)秋田

(30)福島

(31)茨城

(32)大阪

(33)島根

(34)鹿児島

(35)富山

(36)岩手

(37)高知

(38)徳島

(39)三重

(40)和歌山

(41)北海道

(42)石川

(43)青森

(44)大分

(45)香川

(46)奈良

(47)沖縄

~詳細~

◆スタート前

 正午現在の天気は晴れ、8・0度。湿度は59%。午後0時半にスタートした。

◆1区(6キロ)

 京都の木崎良子と昨年区間賞で北京五輪女子マラソン13位の岡山の中村友梨香が並ぶようにして2区へタスキを渡した。

(1)京都 19:14

(2)岡山 19:14

(3)埼玉

(4)山梨

(5)山口

(6)福島

(7)広島

(8)島根

(9)福井

(10)大阪

◆2区(4キロ)

 トップと48秒差の32位でタスキを受け取った北京五輪5000メートル代表の兵庫・小林祐梨子が12分07秒で走り、自らの持つ12分18秒の区間記録を4年ぶりに更新。29人を抜き、トップと16秒差で3区にタスキを渡した。

(1)岡山 31:53

(2)山口

(3)兵庫

(4)京都

(5)埼玉

(6)山梨

(7)熊本

(8)大阪

(9)福島

(10)宮崎

◆3区(3キロ=中学生区間)

 京都の双子姉妹の姉、久馬悠が区間賞。兵庫の渡辺真央も健闘し、兵庫が首位に立った。静岡も5人を抜いて6位に浮上した。

(1)兵庫 41:37

(2)京都

(3)岡山

(4)埼玉

(5)山口

(6)静岡

(7)宮崎

(8)福島

(9)山梨

(10)長野

◆4区(4キロ)

 京都、兵庫、岡山の3強が競り合った。抜け出したのは岡山の重友梨佐。2位京都に10秒差をつけて5区にタスキを渡した。

(1)岡山 54:40

(2)京都

(3)兵庫

(4)宮崎

(5)山口

(6)埼玉

(7)熊本

(8)山形

(9)鳥取

(10)愛知

◆5区(4・1075キロ)

 岡山・浦田佳小里が快走し、1位をキープ。昨年の京都がつくった1時間07分48秒の大会記録に4秒差に迫る好タイムで5区を終えた。京都の夏原育美が区間賞。長崎の西見陽子も健闘し、順位を28位から14位に上げた。

(1)岡山 1:07:52

(2)京都

(3)兵庫

(4)宮崎

(5)熊本

(6)愛知

(7)埼玉

(8)山口

(9)長野

(10)福岡

◆6区(4・0875キロ)

 岡山の久保木亜衣が健闘し、岡山が首位を守る。京都も14秒差で続いた。3位兵庫はトップから1分5秒と差が開いた。長崎は9位に順位を上げた。

(1)岡山 1:20:46

(2)京都

(3)兵庫

(4)愛知

(5)長野

(6)熊本

(7)埼玉

(8)宮崎

(9)長崎

(10)福岡

◆7区(4キロ)

 岡山がトップをキープしたが、2位京都が4秒差に迫った。1区34位スタートの愛知が3位に順位を上げた。

(1)岡山 1:33:22

(2)京都

(3)愛知

(4)兵庫

(5)熊本

(6)埼玉

(7)宮崎

(8)福岡

(9)長崎

(10)広島

◆8区(3キロ=中学生区間)

 トップと4秒差の2位でタスキを受け取った京都の双子姉妹の妹、久馬萌が区間記録を12秒短縮する9分41秒と見事な走りを見せ、トップに立った。2位岡山には52秒差をつけた。

(1)京都 1:43:07

(2)岡山

(3)兵庫

(4)愛知

(5)埼玉

(6)熊本

(7)福岡

(8)宮崎

(9)静岡

(10)広島

◆9区(10キロ)

最終区のため、順位は上記の総合順位。

 [2009年1月11日19時29分]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

全国都道府県対抗女子駅伝





この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  やく氏「(朝青は)3日目に引退でしょ」 - 大相撲ニュース
  2. 2  相方の小沢「育児放棄や浮気は全部本当」 - 芸能ニュース
  3. 3  真央赤黒、美姫は黒のセクシー衣装で競演 - スポーツニュース
  4. 4  英ヘンリー王子、差別語使い謝罪 - 国際ニュース
  5. 5  ブレーブスのコックス監督が川上を高評価 - MLBニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです