レッドソックスの吉田正尚外野手(30)とカージナルスのラーズ・ヌートバー外野手(26)が、「GQ MEN OF THE YEAR 2023」に選ばれた。27日、男性向け雑誌「GQ JAPAN」を発行する「コンデナスト・ジャパン」が発表した。

2人は3月のWBCで、侍ジャパンの一員として世界一に貢献。吉田は準決勝のメキシコ戦で同点3ランを放つなど、大会新となる13打点を記録。メジャー移籍1年目となったシーズンも、打率2割8分9厘、15本塁打の成績を残し、「ベスト・ベースボールプレイヤー賞」を受賞した。

一方、日系人として初の侍ジャパン入りで、好守にわたってチームを盛り立てたことに加え、誠実な人柄や謙虚な振る舞いで日本のファンの心をつかんだヌートバーは「ブレイクスルー・ベースボールプレイヤー賞」を受賞した。