DeNAからポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す今永昇太投手(30)について、レッドソックスが獲得に向け動いていると7日、ニューヨーク・ポスト紙のジョン・ヘイマン記者が伝えた。

同記者はX(旧ツイッター)で「レッドソックスは今永の獲得を目指す多くのチームのうちの1つ」とリポート。また、同時にオリックスからメジャー移籍を目指す山本由伸投手(25)についても「全てのビッグマーケットのチームは山本の争奪戦に加わっている」と伝えた。吉田正尚外野手が所属するレッドソックスは先発投手が補強ポイントで、専門局MLBネットワークのジョン・モロシ記者が前日に「山本はレッドソックスの最優先事項」と伝えていたが、山本だけでなく今永の獲得にも乗り出しているようだ。

今永の交渉期間は11月28日にスタートし、期限は米東部時間来年1月11日午後5時(日本時間同12日午前7時)までの45日間。山本の交渉期間は来年1月4日の午後5時(同1月5日午前7時)までとなっている。