1970年に大ヒットした恋愛映画「ある愛の詩(Love Story)」で主演し、アカデミー賞にもノミネートされたライアン・オニールさんが8日(日本時間9日)、82歳で死去した。息子でスポーツキャスターのパトリック・オニール氏(56)が、自身のインスタグラムで公表した。

ライアンさんは大谷の大ファンとしても知られていた。大谷の顔だらけのTシャツを着用し、「大谷ピロー(枕)」も愛用。昨年5月21日のアスレチックス戦ではエンゼルスタジアムで試合を観戦。「ブリリアント(華やか)だね。全ての能力に優れている。彼がやっていることを見ることができて、これほどうれしいことはないよ」と語っていた。大谷の去就で周囲が慌ただしくするなか、静かに息を引き取った。